丸の内パークビルディング

ビル/施設 カテゴリー 第 9 位 / 4,595 PV

丸の内2丁目
閲覧数: 4,595  投稿日: 2011 5 11 日  更新日: 2021 1 24

丸の内パークビルディング とは?

「丸の内仲通り」と「丸の内 3rd Street」が交差する場所にある、34 階建て オフィスビル

所在地

千代田区丸の内2-6-1

最寄り駅まで

「JR/東京メトロ 東京駅」から 徒歩 5 分

基本情報

「丸の内パークビルディング」は、「丸の内仲通り」と「丸の内 3rd Street」が交差する場所にある、34 階建て オフィスビルです。
下記エリア(商業ゾーン)を総称して、「丸の内ブリックスクエア」と名付けています。
・「丸の内パークビルディング」地下 1 階 から 4 階まで
・アネックス(低層棟)
・「三菱一号館美術館」がある「三菱一号館」
・一号館広場

紹介文

三菱一号館美術館と三菱一号館広場(中庭)を同じ敷地に備える丸の内パークビル。一号館美術館の赤レンガと調和する茶色く、一部丸みを帯びた外観は東京(丸の内・有楽町・大手町)エリアでも一際目を引くオフィスビルです。緑豊かな中庭では癒しの空間が広がり、スケールの大きいオフィスエントランスでお客様をお出迎えします。低層部には飲食店舗・物販店舗も多数。ラーメン店から接待向けのお店まで、充実したラインアップを誇ります。

階数

地上 34 階
地下 4 階

建物高さ

最高部

170 m

最高軒高

157 m

駐車場

ガレージ収容台数

282 台

ガレージ営業時間

全日 6:00 - 24:00
定期契約車は 24 時間入出庫可

エレベーター

乗用

43 台

貨物用

3 台

構造

鉄骨造(S造)、一部鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

敷地面積

11,931.79 ㎡( 3,609.37 坪)

延床面積

195,593.04 ㎡( 59,166.89 坪)

設計監理

株式会社三菱地所設計

施工会社

株式会社竹中工務店

竣工年月日

2009 年 4 月 30 日

「丸の内パークビルディング」が出来る前は何があったの?

「丸の内パークビルディング」が出来る前は、「三菱商事ビル」「古河ビル」「丸ノ内八重洲ビル」の 3 棟がありました。

三菱商事ビル

所在地

千代田区丸の内2-6-3

階数

地上 15 階
地下 4 階

構造

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

敷地面積

3,968 ㎡

延床面積

55,274 ㎡

竣工年月

1971 年 1 月

古河ビル

所 在 地

千代田区丸の内2-6-1

階数

地上 9 階
地下 4 階

構造

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

敷地面積

4,599 ㎡

延床面積

51,637 ㎡

竣工年月

1965 年 4 月

丸ノ内八重洲ビル

所 在 地

千代田区丸の内2-6-2

階数

地上 8 階
地下 1 階

構造

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

敷地面積

3,095 ㎡

延床面積

18,379 ㎡

竣工年月

1928 年 3 月

開閉館時間

全日 6:00 - 24:30

管理形態

24 時間有人管理

年表

2006 年 6 月 1 日

「三菱地所株式会社」は、「三菱商事ビル」「古河ビル」「丸ノ内八重洲ビル」3 棟の建て替えを発表しました。

2006 年 6 月 1 日
三菱地所株式会社

~丸の内再構築「第2ステージ」の第1弾プロジェクト~
三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画について

三菱地所では、丸の内再構築の更なる「拡がり」と「深まり」を目指す第2ステージの第1弾プロジェクトとして「三菱商事ビル」、「古河ビル」、「丸ノ内八重洲ビル」3棟の建て替えを決定、開発計画の検討を進めて参りました。この度、復元する三菱一号館を美術館として活用するなどプロジェクトの概要が概ね纏まりましたので、お知らせいたします。

三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画概要
・ 所在地 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号他
・ 敷地面積 約 11,900 ㎡
・ 延床面積 約 205,000 ㎡(高層棟・低層棟:199,000㎡、三菱一号館:6,000 ㎡)。用途内訳:事務所 約 158,000 ㎡、店 舗 約 17,900 ㎡、美術館 約 6,000 ㎡、他
・ 階数、高さ
  地下 4 階・地上 35 階・塔屋1階、約 157m
  地下 1 階・地上 3 階、約 24m(三菱一号館)
・ 構 造
  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
  煉瓦造(三菱一号館)
・ 主要用途 事務所、店舗、美術館、駐車場、地域冷暖房施設等
・ 総事業費 約 750億円
・ 設計監理 株式会社三菱地所設計
・ 予定工期 2006 年 7 月 解体工事着工 ~ 2009 年春 新築工事竣工

2007 年 2 月 1 日

「三菱地所株式会社」は、「三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画」の建物名称について、高層・低層棟が「丸の内パークビルディング」に、復元する赤煉瓦棟が「三菱一号館」等に決定したことを発表しました。

2007 年 2 月1日
三菱地所株式会社

-丸の内再構築「第2ステージ」の第1弾プロジェクトー
『丸の内パークビルディング』・『三菱一号館』
建物名称決定、並びに着工のお知らせ

千代田区丸の内二丁目において進めております「三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画」の建物名称について、高層・低層棟が「丸の内パークビルディング」に、復元する赤煉瓦棟が「三菱一号館」等に決定し、新築工事が2月5日に着工となりますので、お知らせ致します。

赤煉瓦建築を本格的に復元する「三菱一号館」は、本格的な美術館として活用し、「文化芸術の中核施設」としてエリアの文化機能の強化を図ってまいります。「三菱一号館」と「丸の内パークビルディング」との間には、緑豊かな憩いの空間となる「一号館広場」を設けます。

当社は「世界でもっともインタラクションが活発な街」を目指し、「丸ビル」や今春竣工予定の「新丸ビル」など6棟のビルの建替を進めている丸の内再構築「第1ステージ」に引き続き、2008 年からの 10 年を「第2ステージ」と位置づけております。本計画は「第2ステージ」の第1弾プロジェクトとして、「第1ステージ」で進めてきた東京駅前周辺の活気と賑わいを丸の内・有楽町地区全域に拡げる起点として整備します。より魅力と活力のあるまちづくりを推進することによって、東京の都市再生、国際競争力の向上に積極的に貢献したいと考えています。

1.計画概要
・名称
  高層・低層棟 「丸の内パークビルディング」
  赤煉瓦棟 「三菱一号館」
  広 場 「一号館広場」
・所在地 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号他
・敷地面積 約 11,900 ㎡(約 3,600 坪)
・延床面積 約 205,000 ㎡(約 62,000 坪)
・容積率 1565%
・階数・高さ
  地下 4 階・地上 34 階・塔屋 3 階、約 157m(丸の内パークビルディング)
  地下 1 階・地上 3 階(三菱一号館)
・構造
  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造(丸の内パークビルディング)
  煉瓦組積造(三菱一号館)
・用途 事務所、店舗、美術館、地域冷暖房施設、駐車場等
・設計監理 株式会社三菱地所設計
・施工株式会社竹中工務店
・工期着工 2007 年 2 月 5 日 ~ 竣工 2009 年春

尚、工事の着手にあたり、下記の通り地鎮祭を執り行う予定です。
<地鎮祭>
・日 時 2006 年 2 月 5 日(月)午前 11:00~11:50
・場 所 丸の内パークビルディング・三菱一号館新築工事現場
(千代田区丸の内2丁目 6 番 1 号)

2007 年 2 月 5 日(月)

「三菱地所株式会社」は、「丸の内パークビルディング・三菱一号館新築工事」の着手にあたり、地鎮祭を執り行いました。
「丸の内パークビルディング・三菱一号館新築工事」に着手しました。
※工事標識に掲載した計画の名称は、「丸の内SF計画」でした。

2009 年 4 月 30 日(木)

「三菱地所株式会社」は、「丸の内パークビルディング」と「三菱一号館」を竣工しました。

2009 年4月 27 日
三菱地所株式会社

「丸の内パークビルディング」・「三菱一号館」が4月 30 日(木)に竣工
~三菱地所の丸の内再構築第2ステージ第1弾プロジェクト~

三菱地所株式会社が千代田区丸の内二丁目において開発を進めてきた「丸の内パークビルディング」・「三菱一号館」が、4月 30 日(木)に竣工しますのでお知らせします。

本プロジェクトは、丸の内エリア最大級の約 158,000 ㎡のオフィスゾーンと約 18,000 ㎡の商業ゾーンを擁する「丸の内パークビルディング」と、1894 年(明治 27 年)竣工の丸の内最初のオフィスビルを忠実に復元した「三菱一号館」で構成される大規模複合プロジェクトです。
「丸の内パークビルディング」のオフィスゾーンは、新日本製鐵株式会社、三菱商事株式会社などが入居し、竣工時満室で稼働します。地下1階から地上3階の飲食・物販店舗、4階のフィットネスクラブからなる商業ゾーンは、本年9月3日(木)にグランドオープン予定です。
「三菱一号館」では、2010 年4月に「三菱一号館美術館」が開館しますが、これに先立ち本年9月3日(木)より「竣工記念展」を開催します。

尚、竣工式は5月 14 日(木)に執り行います。

1.計画概要
所在地:千代田区丸の内二丁目6番1号、2号
敷地面積:約 11,900 ㎡
延床面積:約 205,000 ㎡。(事務所)約 158,000 ㎡、(店舗)約 18,000 ㎡、(美術館)約 6,000 ㎡
容積率:1565%
階数・高さ:
  (丸の内パークビルディング)地下 4 階・地上 34 階・塔屋 3 階、約 157m
  (三菱一号館)地下1階・地上3階
構造:
  (丸の内パークビルディング)鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
  (三菱一号館)煉瓦組積造
用途:事務所、店舗、美術館、地域冷暖房施設、駐車場等
駐車台数:282台
設計監理:株式会社三菱地所設計
施工(主要工事):
  (建築)株式会社竹中工務店
  (電気)株式会社きんでん、東光電気工事株式会社、株式会社弘電社
  (空調)高砂熱学工業株式会社
  (衛生)斎久工業株式会社
  (昇降機)三菱電機株式会社、株式会社日立製作所
工期:2007年2月5日~2009年4月30日(27ヶ月)

2009 年 5 月 14 日(木)

「三菱地所株式会社」は、「丸の内パークビルディング・三菱一号館新築工事」の竣工式を執り行いました。

2009 年 9 月 3 日(木)

「三菱地所株式会社」は、「丸の内パークビルディング」商業ゾーンをグランドオープンしました。
(「三菱一号館美術館」開館に先立ち、)「三菱一号館」において竣工記念展「一丁倫敦と丸の内スタイル」展を開催しました。※ 2010 年 1 月 11 日まで。

2010 年 4 月

「三菱地所株式会社」は、「三菱一号館」で「三菱一号館美術館」を開館しました。

地図

定点写真で振り返る。「丸の内パークビルディング」 の変遷

2008

2008年5月、新築工事中の「丸の内パークビルディング」を撮影しました
2008年5月1日12時6分。新築工事中の「丸の内パークビルディング」を撮影しました。左手前に写っている建物は、「JPタワー」へ建て替える前の 2 代目「東京中央郵便局舎」です。

2009

2009年4月、「丸の内仲通り」より、見上げる形で「丸の内パークビルディング」を撮影しました
2009年4月7日15時9分。「丸の内仲通り」より、見上げる形で「丸の内パークビルディング」を撮影しました。

2010

2010年5月、「有楽町」方面を背にして、「馬場先通り」より「丸の内パークビルディング」を撮影しました
2010年5月17日15時9分。「有楽町」方面を背にして、「馬場先通り」より「丸の内パークビルディング」を撮影しました。
矢印キーで移動します

丸の内北口ビルディング

丸の内ブリックスクエア