通信総合博物館ていぱーく

閉店/移転 カテゴリー 第 4 位 / 2,792 PV

閲覧数: 2,792  投稿日: 2012 1 2 日  更新日: 2016 8 16

通信総合博物館ていぱーく とは?

公式サイトのキャプチャ画像

所在地

千代田区大手町2-3-1

通信総合博物館ていぱーく
・かつて千代田区大手町にあった企業博物館
・愛称は「ていぱーく」

<概要>
日本で唯一の情報通信関係の総合博物館である同館では、
郵便・郵貯・簡保の「郵政事業」、電話やインターネット等の「電気通信事業」および、
ラジオやテレビ等の「放送事業」について、資料の収集・保存、展示、調査研究等を行っている。

常設展示は、日本郵政が運営する「デジタルパーク郵政館」、
NTT東日本が運営する「情報通信館」の2つとなっている。
また、春休みや夏休み、ゴールデンウィークなどを利用して特別展示が、期間限定で開催されている。

<利用案内>
・開館時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)
・休館日:月曜日(祝日・振替休日の時は翌火曜日が休館日)
・入館料:大人110円、小・中・高校生50円(小中高校生は日・祝日無料)

<沿革>
・1902年に万国郵便連合 (UPU) 加盟25周年を記念して開館した郵便博物館が前身
・1964年に郵政省、日本電信電話公社(電電公社)、国際電信電話株式会社 (KDD) および、日本放送協会 (NHK) による共同運営の博物館として発足
▼政府の「行政改革」と「通信市場の自由化」に伴い、運営組織も変遷をたどる
・2001年にKDDI株式会社(旧KDD)が、運営から離脱
・2011年3月末日(実質的には3月11日)をもってNHKが運営から離脱
※現在では、日本郵政株式会社、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)の二者によって、引き続き共同運営されている
・平成25(2013)年8月31日をもって閉館

地図

定点写真で振り返る。「通信総合博物館ていぱーく」 の変遷

2011

2011年1月、「通信総合博物館ていぱーく」を撮影
2011年1月19日16時6分。「通信総合博物館ていぱーく」を撮影
矢印キーで移動します

BURBERRY 丸の内店

AIG大手町ビル