DNタワー21

ビル/施設 カテゴリー 第 9 位 / 4,573 PV

有楽町1丁目
閲覧数: 4,573  投稿日: 2011 5 25 日  更新日: 2021 1 18

DNタワー21 とは?

「日比谷交差点」近くにある、「日比谷濠」に面した 21 階建て オフィスビル

公式サイトのキャプチャ画像

所在地

〒100-8420 千代田区有楽町1-13-1

最寄り駅まで

・「東京メトロ/都営地下鉄 日比谷駅 B2出口」から 徒歩 0 分
・「JR/東京メトロ 有楽町駅 D1出口」から 徒歩 1 分

基本情報

「DNタワー21(第一・農中ビル)」は、「日比谷交差点」近くにある、「日比谷濠」に面した 21 階建て オフィスビルです。
戦前に清水建設株式会社が施工した「第一生命保険本館」と「農林中央金庫有楽町ビル」を、歴史的建造物として保存・再生する再開発計画を推し進めた結果、最先端のオフィスビルとして再構築されました。
超高層の「新館部分」と、旧第一生命館の保存対象である「本館部分」とで構成されています。

紹介文

平成7年(1995)に「第一生命館」は、隣接する「農林中央金庫有楽町ビル」と一体化させた上で中間に高層階部分を増築し、「DNタワー21(第一・農中ビル)」として改装されました。その為フロアの高さが異なり、低層部分=本館の8階部分のS階が新館の6階と繋がってます。

階数

地上 21 階
地下 5 階

構造

地上 鉄骨造(S造)
地下 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

延床面積

97,966 ㎡

設計

清水建設株式会社、KEVIN ROCHE JOHN DINKELOO and ASSOCIATES(ケビン・ローチ ジョン・ディンケルー アンド アソシエーツ アーキテクツ)

竣工年月

新館

1993 年 10 月

本館

1995 年(平成 7 年) 9 月

マッカーサー総司令官室

「DNタワー21」の前身となる建物の一つ「第一生命保険本館」は、終戦後に連合国軍総司令部(GHQ)庁舎として接収されました。
マッカーサー元帥の執務室は、現在でも当時のまま「DNタワー21」に保存されています。
※連合国軍総司令部(GHQ)のダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur)最高司令官が 1945 年 9 月 ~ 1951 年 4 月まで執務室として使用していた部屋は、「DNタワー21」6 階にありますが、一般公開はされていません。

この部屋の変遷

当初は、第一生命社長室として使用していました。

日本陸軍により接収され、陸軍幹部の部屋となりました。

GHQ接収後、マッカーサーの執務室となりました。

年表

1933 年(昭和 8 年)

「農林中央金庫有楽町ビル」を竣工しました。

1938 年(昭和 13 年)

「東京市麹町区」に「第一生命保険本館」を竣工しました。

1945 年(昭和 20 年) 9 月 10 日

「第一生命保険相互会社(現在は第一生命保険株式会社)」は、日本政府から正式に「第一生命館」の接収通知を受けました。

① 建物の地上部分はすべて接収、地下の使用は会社に任す
② 書類を除き家具その他一切の持ち出しを禁止する
③ 明け渡しの期限は9月15日正午とする 

1952 年(昭和 27 年)

GHQは、市ヶ谷の旧陸軍省跡へ移転しました。

1952 年(昭和 27 年) 9 月 17 日

6 年 10 か月にわたる接収が解除されて、「第一生命館」は、「第一生命保険相互会社(現在は第一生命保険株式会社)」へ正式に返還されました。

1988 年(昭和 63 年)

「戦前に清水建設株式会社が施工した『第一生命保険本館』と『農林中央金庫有楽町ビル』を、最先端のオフィスビルに再構築しながら歴史的建造物として保存・再生する再開発計画」を決定しました。

1993 年 10 月

「DNタワー21 新館」を竣工しました。

1995 年(平成 7 年) 9 月

「DNタワー21 本館」を竣工しました。

地図

定点写真で振り返る。「DNタワー21」 の変遷

2010

2010年5月、「皇居外苑」を背にして、「DNタワー21」を撮影しました
2010年5月17日15時2分。「皇居外苑」を背にして、「DNタワー21」を撮影しました。
矢印キーで移動します

新国際ビルヂング

サピアタワー(SapiaTower)