特例都道 402 錦町有楽町線

道路 カテゴリー 第 4 位 / 2,685 PV

閲覧数: 2,685  投稿日: 2011 10 24 日  更新日: 2021 3 28

特例都道 402 錦町有楽町線 とは?

「千代田区神田錦町三丁目」を起点とし「千代田区有楽町二丁目」を終点とする、延長 2,548 mの道路

基本情報

説明文

「特例都道 402 錦町有楽町線」は、「千代田区神田錦町三丁目」を起点とし「千代田区有楽町二丁目」を終点とする、延長 2,548 mの道路です。

基本情報

「特例都道 402 錦町有楽町線」は、「千代田区神田錦町三丁目」を起点とし「千代田区有楽町二丁目」を終点とする、延長 2,548 mの道路です。

誰が管理しているの?

「東京都第一建設事務所」が管理しています。

起点終点詳細

公的には町名までしか規定されていませんが、実質的に下記だと思われます。

起点

千代田区神田錦町三丁目

一ツ橋河岸交差点

終点

千代田区有楽町二丁目

「晴海通り」と交差する地点
※交差点名は付与されていません。交差点東角に「阪急メンズ東京」があります。

「丸の内エリア」における「特例都道 402 錦町有楽町線」の道筋

大手町駅前交差点

「大手町駅前交差点」は、「丸の内一丁目」と「大手町一丁目」と「大手町二丁目」の境界にあります。
南西へ進みます。

東京駅中央口交差点

南西へ進みます。
※「東京駅中央口交差点」より南西は、「特例都道 402 錦町有楽町線」であり「特例都道 407 丸の内室町線」でもある区間です。

東京国際フォーラム西交差点

南西へ進みます。

丸の内三丁目交差点

南西へ進みます。

有楽町駅前交差点

南西へ進みます。

「晴海通り」と交差する地点

終点です。交差点名は付与されていません。
※交差点東角に「阪急メンズ東京」があります。

特例都道とは?

道路法第89条により、特別区の区域内だけに認められた都道で、道路法第7条の認定基準によらず、関係区長と協議し、都議会の議決を経て認定した道路。国土交通大臣との協議は、必要ない。

地図

定点写真で振り返る。「特例都道 402 錦町有楽町線」 の変遷

2009

2009年12月、「大手町」方面を背にして「有楽町」方面へ向かって、「特例都道 402 錦町有楽町線」と「特例都道 407 丸の内室町線」の重複区間を撮影しました
2009年12月31日11時2分。「大手町」方面を背にして「有楽町」方面へ向かって、「特例都道 402 錦町有楽町線」と「特例都道 407 丸の内室町線」の重複区間を撮影しました。右端の建物は「丸の内ビルディング」、左側奥の低層建築物は「東京中央郵便局」です。

2010

2010年5月、「丸の内ビルディング」を背にして、今はなき「COACH 丸の内」付近の「特例都道 402 錦町有楽町線」の様子を撮影しました
2010年5月27日16時50分。「丸の内ビルディング」を背にして、今はなき「COACH 丸の内」付近の「特例都道 402 錦町有楽町線」の様子を撮影しました。

2011

2011年6月、「特例都道 402 錦町有楽町線」を撮影しました
2011年6月22日15時44分。「特例都道 402 錦町有楽町線」を撮影しました。2 年前と比較すると、左側の「東京中央郵便局」が高い壁のような「JPタワー」へと変貌を遂げていることが分かります。
矢印キーで移動します

日比谷通り

永代通り