大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業 B棟

ビル・施設 カテゴリー 第 5 位 / 5,217 PV

閲覧数: 5,217  投稿日: 2011 12 25 日  更新日: 2016 8 13

大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業 B棟 とは?

公式サイトのキャプチャ画像

所在地

千代田区大手町1-9-7

大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業とは、
大手町合同庁舎第一・二号館跡地を施行地区とする大手町一丁目第一種市街地再開発事業(第1次事業)に引き続き、
第1次事業参加地権者の建物跡地を施行地区とする大手町連鎖型都市再生事業の第2次事業のこと。
具体的には、「経団連会館」、「日経ビル」、「JAビル」の3棟を解体し、
2棟の超高層オフィスビルを建設するプロジェクトである。

新しく建設される建物は大きく分けて全体共用部分と(仮称)A棟・B棟の高層ビル部分からなり、
株式会社日本政策金融公庫、株式会社日本政策投資銀行、財務省、東京地下鉄株式会社、DBJリアルエステート株式会社、三菱地所株式会社、特定建築者(エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社、三菱地所株式会社、東京建物株式会社、株式会社サンケイビル)他が区分所有する予定となっている。

<概要>
所在地
東京都千代田区大手町一丁目5番、8番3号、9番4号

敷地面積(施設全体)
14,108.16㎡

延床面積
(全体共用部分) 242,669.73㎡
(うち駐車場は約10,900㎡/車路・スロープ等含む)
(A棟) 約110,000㎡
(B棟) 約132,500㎡
(全体) 約267,500㎡

階数
(A棟) 地下4階・地上30階(申請31階)・塔屋2階
(B棟) 地下4階・地上34階(申請35階)・塔屋3階

高さ
(A棟) 約154m
(B棟) 約177m

構造
(A棟) 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
(B棟) 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造

用途
オフィス、店舗、金融教育・交流センター、インフォメーションセンター、カンファレンスゾーン、クリニック(国際メディカルモール)、駐車場、インターネットデータセンター(以下「IDC」という)、DHC他

総事業費
約1,508億円

東京都認可日(都市再開発法第7条の9第1項の規定に基づく)
平成21年3月24日

<スペック>
所在地 : 東京都千代田区大手町一丁目6-4、5、8-3
  階 数 : 地上35階、塔屋3階、地下4階(B棟)
  建物高さ : 最高部約177.0m、軒高約165m(B棟)
  建築面積 : 9,393.57㎡(施設全体)
  構 造 : 鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
  基礎工法 : 直接基礎(べた基礎)
  用 途 : オフィス、店舗
  建築主 : B棟-三菱地所
  設計者 : 日建設計、三菱地所設計
  監理者 : 日建設計、三菱地所設計
  施工者 : 戸田建設
  着 工 : 2009年06月01日~2010年01月31日 解体工事 2010月04月01日 本体工事
  竣 工 : 2012年09月30日予定
  最寄り駅 大手町、東京、神田

物件詳細 | 大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業B棟 | 三菱地所オフィス情報 https://web.archive.org/web/20120602071725/http://office.mec.co.jp/lineup/bldg_detail?bd=875
大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業 施行認可|東京都 https://web.archive.org/web/20100314062057/http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2009/03/20j3n500.htm

地図

定点写真で振り返る。「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業 B棟」 の変遷

2011

2011年5月、「本郷通り」より、建設中の「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業 B棟」を撮影
2011年5月19日17時41分。「本郷通り」より、建設中の「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業 B棟」を撮影。右に写っている建物は「KDDI大手町ビル」
矢印キーで移動します

(仮称)京橋3-1プロジェクト

三井生命大手町ビル